オーガニックコスメとは?注意したい自然派化粧品

1141_mv

お肌への刺激が少ない化粧品をお探しのあなたへ。

あなたはおそらく、オーガニックコスメという種類の化粧品をご存じでしょう。
オーガニックコスメとは、一定の基準をクリアした土地で有機栽培された植物を主原料として製造された化粧品を指します。

現在、オーガニックコスメとして販売されている化粧品が非常に増えてきていますが、その中には名ばかりのオーガニックコスメ、つまり、品質の良くない製品も混じっています。

それでは、品質の良くないオーガニックコスメと、高品質のオーガニックコスメの見分け方について考えてみることにしましょう。

オーガニックコスメの定義とは?

1141_1

実は、オーガニックコスメの確固たる定義は存在していません。

ですが、製品をオーガニックコスメとして製造・販売するためには第三者機関(日本では日本オーガニックコスメ協会・通称JOCO)による認定を受ける必要があります。

また、定義は存在していないものの、オーガニックコスメは一定の基準をクリアしている必要があります。世界で行われている認定基準の一部をご紹介すると、

・植物を栽培する農場に於いては、最低3年以上農薬を使用していないこと
・植物の栽培に化学合成肥料や農薬を使用しないこと
・化学合成物質(着色料や香料など)を使用しない

などというものがあり、日本では原則としてJIS有機規格に法っていることが基準となっています。

こんな化粧品には気をつけましょう

1141_2

化粧品のラベルには、使用している全成分を表示することが、薬事法により義務付けられています。

ところが、そのような成分を確認しても、素人ではなかなかわかりにくいものもあるのではないでしょうか。

ここでは、特に人体に対して悪影響を与える可能性のある化学成分をご紹介しておくことにします。

・パラベン
・パラフィン
・フェノキシエタノール
・ステアリン酸
・PEG

まだまだありますが、ここではご紹介しきれない数になってしまいますので、配合率が高いものをご紹介させて頂きました。

これらの成分は、絶対に使用してはいけないということではありませんが、できれば避けておきたいところではあります。

自然派化粧品に気をつけて!

1141_3

自然派、天然植物由来、ナチュラル志向・・・。

このような表示のある化粧品を見かけたことはないでしょうか?
これらは、一見オーガニックコスメのように思えますが、実はまったくのベツモノです。

製品によっては、天然成分を数パーセントしか含まないものもあります。
化粧品を選ぶ際には、このような製品名に惑わされないよう、注意しましょうね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング