アンチエイジングにはコレ!アサイーの効果効能

[更新]  /  [公開] 2015年4月25日

1137_mv

皆さんは、スキンケアの基本ってどこにあると思いますか?

正しいクレンジングと洗顔?保湿?

どちらも正解です。
ですが、もうひとつ目を向けて頂きたい部分があります。

それは、身体の内部からのスキンケアです。
今回は、スポーツ選手やモデル、女優の間でも大人気のアサイーというフルーツについてご紹介させて頂きます。

アサイーとは?

1137_1

ブラジル・アマゾンに生息するヤシ科の植物で、地元では古くから「奇跡のフルーツ」と呼ばれ、主食として珍重されてきたのだそうです。

アサイーの外見はブルーベリーに似たような感じですが、その栄養価はブルーベリーをはるかに超え、特にポリフェノールの一種であるアントシアニンはブルーベリーの5倍、赤ワインの30倍というのですから、驚きですよね。

アントシアニンは目の健康維持や、シミやシワなとの原因となる細胞の酸化も防ぐ力を持っています。

また、鉄やカルシウムなどのミネラルも多く含んでいるため、ダイエット時はもちろんのこと、アンチエイジングを意識した生活を送っている方にも、ぜひ摂取して頂きたい食品です。

もちろん、骨粗鬆症の予防にも最適ですよ。

アサイーの美味しい食べ方

1137_2

現在、食品スーパーなどでもアサイージュースをよく見かけるようになりました。

このようなジュースを1日グラス1杯程度飲んでもいいのですが、もっと美味しい食べ方があります。

用意するものは、アサイージュース、ヨーグルト、お好きなフルーツです。
まず、事前にアサイーを冷凍しておき、半解凍程度にまで解凍します。

器に入れたアサイーとヨーグルトを混ぜ合わせ、お好きなフルーツをトッピングしてできあがり。
このような食べ方を総称してアサイーボウルと呼び、ハワイなどでは一般的な朝食としてよく知られています。

冷凍、解凍という作業が面倒なのであれば、スムージー用のアサイーも販売されていますので、そのような製品を上手に活用するのもいいですね。

アサイーの注意点

1137_3

上記で述べたように、アサイーは素晴らしい栄養素をたくさん含んでいます。

そして、その中には食物繊維も含まれていますが、食物繊維は消化に時間がかかり、大量に摂取してしまうと下痢の症状が現れることがあります。

アサイーは美味しいですから、ついつい飲み過ぎてしまったり、食べ過ぎてしまったりすることがあるのではないかと思います。

ですが、過剰な摂取はあなたの身体に不具合を生じさせる原因となる可能性があるということも覚えておきましようね。

[ 健康食品 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング