簡単!手作り炭酸パックの作り方

 1135_mv

念入りにクレンジングと洗顔を行っても、毛穴の奥の奥まで入り込んでしまった汚れは、なかなか綺麗に取り除くことができないものです。

現在では、毛穴の皮脂や汚れを取り除くための美顔器などが数多く販売されていますが、そのような美容器機をせずに、もつとお手軽に毛穴の悩みを解決する方法があるんです。

それは、炭酸パックです。

炭酸パックとは?

 1135_1

炭酸ガスの力を借りて、毛穴の奥に入り込んでいる皮脂や汚れを取り除くためのパックです。

炭酸パックをお肌に乗せると適度な刺激が加わり、表皮の酸素含有量が増えて細胞が活性化されます。これにより、毛穴の皮脂や汚れが表面に浮き出して、お肌は綺麗にクレンジングされた状態となります。

また、このパックを行うことにより血行がよくなり、お肌のターンオーバーの活性化にも役立ちます。
毛穴の皮脂や汚れを取り除くためのパックにはさまざまな種類がありますが、毛穴の奥に成分を浸透させて汚れを取り除くパックはそうそうありません。

現在お使いのパックにご不満をお持ちの方は、炭酸パックを試してみてはいかがでしょうか。

炭酸パックは手作りで

 1135_2

市販品の炭酸パックはお手軽ですが、全般的にお値段が高め。

日常的に使用するパックですから、できる限り安価で手に入れたいものですよね。
それならば、手作りではいかがでしょう?

炭酸パックは、材料さえ揃えてしまえば本当に簡単に手作りすることができますよ。

炭酸パックを手作りするための材料は

・食用のクエン酸小さじ1杯
・食用の重層大さじ小杯
・キサンタンガム小さじ2分の1杯
・植物性グリセリン小さじ1杯
・水または精製水20ml(グラス5分の1程度)
・ボウル
・ラップ

以上が必要な材料と大まかな分量ですが、慣れてきたらご自身の感覚でそれぞれの分量を調節してみて下さいね。

はじめに、顔の大きさにカットしたラップを用意しますが、鼻の部分をふさいでしまうと苦しいので、適当に小さな穴を開けておくとよいでしょう。

それでは、作り方です

  1. まず、ボウルにグリセリンとキサンタンガムを入れて混ぜ合わせ、さらに水を加えて混ぜ合わせます。
  2. そこへ重層を入れて混ぜ合わせます。
    この段階では、まだ炭酸っぽいシュワシュワとした感じにはなりません。
  3. ここからが肝心なのですが、クエン酸を加えるととたんにシュワシュワしてきますので、これを40~60秒程度混ぜ、モコモコの泡状になったら手早くお肌に乗せます。
  4. ラップをかぶせて放置しますが、放置時間は約10~15分程度でOKです。
  5. パック後にはぬるま湯でよく洗い流し、化粧水などでお肌を整えます。

文章にすると長いのですが、実際にやってみるとかなり簡単ですので、ぜひ試してみて下さいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング