韓国発のシンエイクってどんな成分?どんな効果?

[更新]  /  [公開] 2015年4月22日

1133_mv

美容大国である韓国では、とんでもない成分からヒントを得た化粧品が、世界に向けて発信されています。

今回は、アンチエイジングに大変効果的であるという、シンエイクという成分についてのお話です。

シンエイクってどんな成分?

1133_1

シンエイクとは、毒蛇の筋弛緩作用からヒントを得て、毒蛇ペプチドを主原料として製造された成分です。

毒蛇が持つ毒は、獲物の体内に入り込むと筋肉を麻痺させ、身体を動かすことができない状態にすることで知られていますね。つまり、この筋弛緩作用に着目して開発されたのがシンエイクであるということです。

私たちの顔は、さまざまな筋肉によって支えられていますが、額や目尻、ほうれい線などは表情ジワと呼ばれることが多く、シンエイクをお肌につけることにより筋肉の動きを麻痺させてしまえば、このような表情ジワの改善に役立つと考えることができますね。

現在、美容外科などの医療機関においては「ボツリヌストキシン注射(ボトックス注射)」と呼ばれる若返りの施術が行われており、注射後約3日前後で気になっていたシワが消えるとして、高い人気を誇っています。

そのような施術と同じような効果を期待することができることから、シンエイクが「塗るボトックス」と呼ばれることもあります。

毒蛇ペプチドの原料は毒蛇の毒?

1133_2

シンエイクは毒蛇の毒をそのまま加工して製造されているものではなく、毒蛇ペプチドという化学合成物質が主原料となっています。

つまり、毒蛇の毒が持つ作用にヒントを得て、人工的に作られたものがシンエイクであるということです。

毒蛇の毒をそのままお肌につけるのではありませんから、どうぞご心配なく。

シンエイクのメリットとは?

1133_3

シンエイクを使い続けているうちに、徐々にシワが改善されてきたとしましょう。それをそのまま使い続けていると、お肌がシワのない状態を記憶し始めます。

これはボツリヌストキシン注射でも同様ですが、顔の一部の筋肉が動かなくなることにより、段々とシワそのものを目立たなくさせる効果を期待することができるということですね。

ただし、そのレベルにまでシワを改善するためには、最低でも3か月以上シンエイクを使い続ける必要がありますが。

気になるシンエイクのお値段は?

1133_4

これはもう、バラバラです。

日本国内で製造された製品では、100g3,000円未満で販売されている製品もありますが、韓国からの直送便で購入する場合には4mlで3,000円前後。タイプはクリームかジェルが主流となっています。

シンエイクを選ぶコツは、お値段よりも質です。

シンエイク配合という表示があっても実際には数パーセントしか含まない製品も存在していますので、製品選びの際には注意して下さいね。

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング