植物性プラセンタとは?動物性との違いとその効果

[更新]  /  [公開] 2015年4月26日

1129_mv

プラセンタは海外セレブ発信の美容成分として日本でも広がり、今やアンチエイジングの定番成分として知られています。

基本的には動物の胎盤から抽出される成分を指しますが、胎盤と言う器官を持っていない植物由来のプラセンタもあるのです。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

実は、動物性プラセンタと似た美容への働きをすることから、植物由来でも「プラセンタ」と言う名称で扱われているということです。

植物性プラセンタの主原料は、植物の種子の中の胎座という部分から抽出されます。
胎座とは場所的に動物では胎盤の部分に当たり、種子を囲んで守っています。

動物性、植物性…その違いとは?

1129_1

動物性プラセンタには「成長因子」という成分があり、この働きが美容にプラスとされていますが、植物性プラセンタにはそれがありません。

この部分が最大の違いです。

成長因子とは、細胞の活性化に役立つ成分であり、お肌の生まれ変わりを担うターンオーバーの正常化などに役立ちます。

つまり、成長因子を持つ動物性プラセンタの場合では、お肌のターンオーバーの正常化とともに若返りの効果を期待することができますが、成長因子を持たない植物性プラセンタの場合では、そのような若返りの効果を期待することができないということです。

植物性プラセンタの効果とは?

1129_2

前述の通り、若返りの効果を期待することはできませんが、植物の種子には良質のオイルが含まれているため、お肌の乾燥を防ぎ、肌荒れや小ジワ防止に役立ちます。

また、植物性プラセンタの減量には、メロンの種子やハトムギなどがありますが、これらの種子に含まれる成分には美白作用があるため、若返りというよりかは美肌づくりのサポート役として考えるのが妥当ではないでしょうか。

植物性プラセンタのメリットとは?

1129_3

動物性プラセンタの価格が全般的に高額であるのに対し、植物性プラセンタは比較的低価格で入手できるというメリットを持っています。

また、植物性プラセンタは動物性プラセンタより過敏な反応が起こりにくいと考えられています。これもまた、メリットのひとつといえるでしょう。

ですが、安全性は100%ではありません。

現在、どちらのプラセンタでもアレルギーなどの過敏な反応は起こりにくいと考えられてはいますが、アレルギーなどはなにが引き金となって発症するかわかりません。

以前では過敏な反応を起こさなかった成分であっても、年齢や体調によっては突然症状が現れることもあります。

また、動物性プラセンタよりも安全性が高いといわれている植物性プラセンタであっても、過敏な反応がまったく起こる心配がないというわけではありません。

プラセンタを使用する際には、そのような過敏反応が起こるリスクがあるということも覚えておきましょう。

[ しわ・たるみ ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング