スキンケアにも使われる炭パワーは本当に凄い!

1123_mv

あなたのご家庭の冷蔵庫の中には、脱臭剤が置かれていますか?そして、その脱臭剤はもしかすると、活性炭を原料としているものではないでしょうか?

古くから、私たちの生活の中でお馴染みとなっている、炭。
普段何気なく使用している炭、実は凄いパワーを秘めているんです。

活性炭と炭の違いとは?

1123_1

私たちが日常使用している炭は、木などの自然有機物を炭化させて作られているもので、多孔質という微細な穴が数多く開いているという特徴を持ち、タンパク質などから発生する臭いなどの物質を吸着する性質を持っています。

一方、活性炭とは、木炭が持つ特性を生かし、人工的に加工することにより木炭よりも高い吸着力を持つ物質です。

スキンケア製品としての炭とは?

1123_2

現在、炭を原材料とした石鹸、クレンジング剤、洗顔フォーム、パックなどの製品が数多く販売されるようになり、これらの製品は、それぞれに高い支持率を誇っているようです。

このような製品の多くは、桐やヒノキなどをはじめとする天然木を原材料として作られた木炭を配合しており、お肌の皮脂や汚れを吸着して潤いを保つという特徴を持っています。

近年、毛穴ケアに関心を持つ方が増えているようですが、お肌を傷めることなく毛穴ケアを行いたいのであれば、吸着率の高い天然木を原材料とした炭パックなどの使用がおススメです。

ただし、前述の通り炭は高い吸着力を持っているため、過度な使用によりお肌を痛めてしまう可能性があるということも忘れてはいけません。

炭の遠赤外線効果とは?

1123_3

炭火焼肉を思い浮かべてみて下さい。炭火で焼いたお肉って、じっくりと中まで火が通り、とても美味しいですよね。

あれは、遠赤外線の効果によるものです。
木炭は熱を加えることにより、遠赤外線を発生させるという特徴を持っています。

そしてこれは、化粧品に配合されている炭であっても同様です。たとえば、炭パックを行っている際に、お肌がじんわりと温かくなることってないでしょうか?

これも、体温により温まった炭が遠赤外線を発生させているということであり、皮脂や汚れの吸着ばかりではなく、血行促進の効果も同時に得ることができます。

炭のミネラル成分

1123_4

ミネラルは、私たちの身体のすべての細胞の生成に必要不可欠な成分であり、体内でこの成分が極端に不足した場合には、貧血などの症状が現れることがあります。

それはお肌や髪など、外部に露出している部分であっても同様です。

現在では、上記でご紹介した化粧品だけではなく、炭配合のシャンプーやトリートメント、コンディショナーなども販売されるようになりました。

肌荒れや髪のパサつきなどが起こっているのであれば、それはもしかすると、ミネラル不足かもしれません。

このような状態が起こったら、ひとまず炭配合の化粧品やヘアケア製品を試してみるというのも、ひとつの方法ですよ。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング