気になるワキ汗 正しいケア方法と対策

1070_mv

ワキ汗をかきやすくなって憂鬱な季節になってきました。

ワキ汗は量もさることながら、時間が経過した後の臭いが気になって仕方ありませんよね。
気にして腕を上げることもできないので、一番臭いと思っているのは自分なのかもしれません。

ところで、なぜ臭うのでしょうか?

わき用デオドラントはまずいの?

1070_1

ワキと胸と股間には性的なアピールのフェロモンが含まれていると言われますが、「気になる悪臭」はそちらではなく雑菌が繁殖して発する不快な臭いのほうでしょう。

汗は本来臭いがしないものなのです。
汗に含まれる成分と、皮膚表面の脂質やタンパク質を餌に細菌が繁殖すると「悪臭」が発生します。

臭いを気にして制汗剤や消臭スプレー、消臭クリームを使用したのに、きちんと成分をクレンジングしないと、毛穴を詰まらせ脇で雑菌が繁殖します。

気になるから使用したはずの製品が、逆に悪臭の原因を作っている場合があるのです。
出るべき汗がせき止められて濃度が上がると、本来無臭のハズの出たての汗にも臭いが出てしまうのです。

実は恐い制汗剤の副作用です。

制汗剤を使用しているなら、きちんとクレンジングし、リバウンドが起きないように毎日の入浴で脇から汗を出しましょう。

汗を止めるのは、本当に必要な一時の処置とします。
繰り返しますが、本来汗は臭わないものです。

脇の悪臭は時間が経過して雑菌が繁殖した臭いですから、汗そのものをどうこうするのではなく「雑菌の繁殖させない」「時間を経過させない」ことを主にすることで好転します。

外科手術でのデメリット

ワキガを疑いアポクリン線除去の手術を受けても、再発(アポクリン腺の再生)や、他の部位の臭いが強くなったり…と、望まない状況になるケースもあるようです。

ワキと服の両方を見直しましょう

1070_2

まずは脇そのものについては、汗を出すことを止めるのをやめましょう。
毛を抜いた処理によるブツブツや黒ずみ、埋もれ毛がある場合は、まずそれらを治します。

ブツブツや黒ずみは代謝が出来ていない皮膚の状態です。
ピーリングで処理し、化粧水で保湿します。

代謝の悪い皮膚は、厚い角質となり、この角質が雑菌の餌になるタンパク質なのです。
埋もれ毛は、埋もれている部分に膿がたまり、傷口そのものが臭っている場合があります。
皮膚科に相談し、「傷」として治療・殺菌しましょう。

服の脇の下部分は、アルコール剤などで消臭・殺菌します。
洗濯などでは充分に落ち切らない皮脂に雑菌が繁殖している場合があるので、繰り返し使用するうちに服そのものに臭う雑菌が繁殖するのです。

また、わき用の使い捨てパッドを活用し、トイレに入る時などにまめに交換しましょう。
「汗をだす→吸い取る→捨てる」という習慣が、かいた汗を長時間放置させないことにつながります。

また、重層を溶かした水を含ませたコットンを携行し、パッド交換の際に汗をぬぐうと殺菌効果があります。

最後に、お風呂場は雑菌がいっぱいです。
お風呂でムダ毛処理をすると、雑菌に感染しやすくなりますからやめましょう。

[ におい対策 ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング