メイクが肌にかける負担って?注意点もチェック!

1025_mv

女性の多くは、毎日メイクをしていますよね。

朝、化粧水などで肌の状態を整えて、ファンデーション、アイライナー、アイシャドウ、マスカラ…実にさまざまな工程を経ていつもの表情が完成されます。

毎日のあれこれメイク…肌への負担、考えてる?

 とても手間のかかる工程を毎日こなしていると思いますが、それだけ肌にあれこれと塗り重ねている…ということになりますよね。

ということは、肌にもそれだけ大きな負担をかけているということが言えます。

もちろん、薄化粧であればあるほど肌への負担も少なくすることができますが、やはりシミやシワなどあれこれ隠したいものがたくさんあるのも事実。

メイクをするときに少しでも肌への負担を少なくすることができたら…と思いませんか?

ベースメイクは薄付きに!化粧下地はマスト!

1025_1

まずは、ベースメイクをするときには必ず化粧下地をつけることです。

化粧下地をつけることによってメイクをオフするときにするするっと落ちやすくすることができますし、ファンデーションやフェイスパウダーをつけるときにも少量できれいにつけることができます。

ファンデーションやフェイスパウダーをつけることによって肌への負担が大きくなる…と思われますよね。

しかし、軽い付け心地のもの、1つで何役もこなすというタイプのものであればファンデーションとしての機能が割と弱いものが多いので、肌への負担も軽減できるというわけなんです。

また、ファンデーションの多くにはUVカット機能がついていますから、紫外線が肌にもたらす影響を軽減することができます。

また、ファンデーション代わりにベビーパウダーを使うのもおススメ。

さらっとした仕上がりになりますし、余分な皮脂を吸収してくれるためニキビ予防にもつながります。
その名の通り赤ちゃんもつけられるということで、実は万能選手ということなんです。

ポイントメイクはオフするときにご注意を!

1025_3

アイメイクなどのポイントメイクに関しては、メイクをするときではなくオフするときに注意しておきたいものです。

マスカラが取れないからといってゴシゴシこすってしまったり、何度も何度もクレンジングや洗顔を繰り返してしまう…ということは避けましょう。

特に目の部分の皮膚は体の中でももっとも薄いところだと言われていますから、毎日のメイクで大きな負担をかけてしまっているということは言わずもがな。

「すっぴん美人」とはよく言ったもので、やはり若々しさを保つためには美しい肌をキープすることが大切です。
毎日のメイクで必要以上に肌に負担をかけないようにしたいものですよね。

[ メイク ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング