今欲しいのは「透明感」!美肌になれる4つのポイントとは?

1016_mv

メイクもファッションも、ナチュラルな美しさがトレンドになってきていますよね。
ベースメイクも極薄で、素肌のようなツヤのある質感が流行しています。

と、なると重要なのはメイクテクよりもトラブルの無い真っ白な「透明感のあるお肌」です。
でも、透明感のある肌って一体どうしたらいいの!?

あなたの肌に透明感をもたらすスキンケアのコツを4つ紹介します!

美白効果のある基礎化粧品

1016_1

透明感のある肌とはつまり、自然な白い肌ですよね。自分の肌を鏡で見て、「もっと白くなりたい」と思ったら、スキンケア化粧品は美白成分を含むものにしましょう。

代表的な美白成分は以下の通りです、特にビタミンC誘導体は美白はもちろん、シワ・たるみ・毛穴など様々な美肌効果が期待できます。

【美白効果のある代表的な美容成分】
・ビタミンC誘導体
・アルブチン
・プラセンタエキス
・ルチノール
・カモミラET

他にもリノール酸やトラネキサム酸など様々な種類の成分があります。
化粧品を選ぶ際に、一度成分の効果を調べてみるといいでしょう。

ピーリング

1016_2

ターンオーバーによって肌表面にある角質層は日々生まれ変わりますが、古くなった角質が残っていると、肌がくすんで見えてしまいます。
ピーリング効果のあるジェルなどを使って、週に1回程度角質のケアをすることで肌が明るくなります。
あまり頻繁にやりすぎると、健康な角質まで落としてしまうこともあるため注意しましょう。

血行を良くする

1016_3

血行が悪いと顔色が優れないですし、くすんだ肌に見えてしまいます。
いくら食事や化粧品で水分や肌によい栄養素を摂りいれても、血の巡りが悪ければ肌のすみずみにまで届けることができません。

体全体が冷えないようにしたり、きちんと睡眠をとって血行を良くするように心がけましょう。
シャワーだけでなく湯船に浸かったり、お風呂上がりに顔はもちろん首や体全体をマッサージするのも効果的です。

紫外線対策

1016_4

休日は特に、肌に何もつけずに外出したり、室内にいても陽にあたる場所で過ごしてしまうことがあるかもしれません。
ですが、誰もが知っている通り紫外線によって肌にはメラニン色素が作られて、シミやくすみの原因になります。

季節に関係なく、1年を通してUV対策をしてくださいね。

美しい女性の美しい肌は毎日の習慣の結果です、サボってばかりでは手に入るはずがありません。
ちょっと面倒でも肌に良い習慣を続けていくことが大事です。
化粧品を変えたらまずは1ヶ月、スキンケアにマッサージ、規則正しい食事と生活習慣を続けてみてくださいね。

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング