美容オイルって、何をどんな風に使えばいい!?効果的な方法を伝授します!

1012_mv

美容オイルは美肌効果が高く、高級美容液やクリームよりも安価に購入できるので、手軽にスキンケアが出来る優秀なアイテムです。

でも、オイルって種類が多すぎて、どれにすればいいかわからないと悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

お肌の悩みに合わせたオイルの選び方と、効果的な使い方をお教えします。

自分に合ったオイルの選び方

1012_1

「オイルを使ったスキンケアは乾燥肌向け、オイリー肌には向かなそう…」なんてイメージが持たれがちですが、そんなことはありません。
美容オイルは肌そのものを美しくする効果があるので、オイルの選び方次第で色々な肌悩みを解決してくれます。
色々な種類がある美容オイルですが、お肌の悩み別でおすすめのものを紹介します。

乾燥肌

乾燥が気になる場合は、基本的に美容オイルはどれを選んでも高い効果が得られます。
例えばホホバオイルは水分を閉じ込めるタイプの保湿、オリーブオイルやマカダミアナッツオイルや浸透性が高いので、肌の中から潤いを補給することができます。
現在使っている化粧水や美容液の使い心地に合わせて選ぶといいでしょう。

オイリー肌、ニキビ肌

オリーブオイルなどのオレイン酸をたくさん含むオイルは、保湿効果は高いのですが常在菌を繁殖させやすくなってしまうため、ニキビが出来てしまうことがあります。
皮脂が多い肌質の方は、ホホバオイルやグレープシードオイルなどサラッとしたタイプの美容オイルを選ぶと失敗しにくいです。
ローズヒップオイルにはビタミンCも多く含まれるので、ニキビ跡に悩む方に効果が期待できます。

敏感肌

何かとスキンケアのアイテムには慎重になってしまう敏感肌の方は、まずはホホバオイルから始めるのが良いでしょう。
ベタつきがなくて使いやすく、多くの肌質の人に合うオイルです。

アンチエイジング

シミやシワなど肌の若返りを目指すなら、ビタミンEを多く含むオイルを選ぶのが良いです。
アルガンオイルは特にビタミンEが豊富ですし、ローズヒップオイルはビタミンEとビタミンCを含んでいます。
スクワランは年齢と共に生成量が少なくなる皮脂の成分ですので、オイルで補給するのもアンチエイジング効果が期待できます。

美容オイルの効果的な使い方

1012_2

美容オイルを使って美しい肌を手に入れるなら、より効果のある使い方をしたいですよね。
美容オイルで美しくなれる使い方のポイントは以下の通りです。

スキンケアで使うときは、少しの量に!

あまりにもたくさん使ってしまうとベタつきすぎたり、ニキビなど吹き出物が出来てしまうことがあります。
本当に少量、1~2滴の量を顔全体に薄く伸ばして使うようにしましょう。

つける前に手の平でしっかり温める!

油って、冷たいときはとろとろとしていても、温度が高くなるほどサラサラになりますよね。
美容オイルも同じで、きちんと温めてから肌にのせることで浸透しやすくなります。
少量を取ったらしっかり手を合わせて温めて、顔全体に優しく染み込ませましょう。

スキンケアの最後にプラスする

普段使っている化粧水、美容液などで肌を整えたら、表面を包み込む保湿目的でオイルを使うのが一般的な使い方です。1~2滴ほど手にとって広げたら、手のひらで顔全体を包み込むように馴染ませます。
優しくハンドプレスすることできちんとなじむので、オイルのベタつきも気になりません。

ブースター美容液としても使える!

洗顔後すぐに、化粧水の前にオイルを使うという方法もあります。
最初にオイルを使うことで肌が柔らかくなり、化粧水や美容液などの成分が浸透しやすくなる効果があります。
ホホバオイルやマカダミアナッツオイルなど、肌に浸透しやすいものを選ぶと尚良いでしょう。

マッサージにもクレンジングにも使えます!

美容オイルのすごいところは、その万能性にあります。
メイク落としのクレンジングオイル、全身のマッサージオイル、ヘアケアにまで、どこに使ってもOKです。
メイク落としの際に使うのはホホバオイルやスイートアーモンド、グレープシードなんかが向いています。

美容オイルは1本あるだけで色んな使い方が出来る優れものです。
お肌の悩みに合わせて好みのオイルを見つけたら、色々な使い方で美しい肌を目指してくださいね!

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング