オイルスキンケアが肌に効くってホント!?オイル別美容効果を紹介!

1010_mv

ココナッツオイルやオリーブオイルなど、オイルを使った様々な美容法が注目を集めていますよね。
美容オイルで美肌になれるのには、きちんとした理由があるのです。
美容オイルの魅力と、それぞれのオイルの種類と効果について紹介します。

美容オイルが注目されている理由とは!?

1010_1

どうして今オイルでのスキンケアに注目が集まっているのでしょうか?それには、以下2つの理由がありました。

天然成分でスキンケアが出来る!

近年、出来る限り化学成分を使わない化粧品を選ぶという方が増えていますよね。
美容オイルは基本的に天然成分のみで作られているので、オーガニック思考の方を中心に人気が出ています。
化学成分を使わないので肌への負担が少なく、赤ちゃんにも使えるほど優しいと言われています。

油分でスキンケアすることで美容効果が高まる!

肌の表面である角層には「細胞間脂質」という重要な組織があり、これが健康的な状態であることによって、肌の水分やバリア機能を維持します。
細胞間脂質はその名の通り脂質ですので油分と相性が良く、美容オイルでスキンケアをすることで細胞間脂質の隅々まで美容成分を届けることができるのです。

美容オイルの種類と効果

美容オイルには様々な種類があり、それぞれに特徴や美容効果が異なります。
スキンケアに使われる代表的なオイルの美容効果を紹介します。

オリーブオイル

1010_2

スクワラン、ビタミンA,ビタミンE、ポリフェノールなど多くの美容成分が含まれています。
オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は皮脂成分の一つでもあるので、保湿効果も高いです。
食用のオリーブオイルでもスキンケアに利用することはできますが、スキンケア用のオリーブオイルの方が精製度が高いのでおすすめです。

ココナッツオイル

1010_3

食事で摂りいれる美容法でも人気を集めているココナッツオイルは、肌に直接塗って使うオイルとしても美肌効果が期待できます。
ラウリン酸、ビタミンEが豊富に含まれているので、肌の免疫力を高めたりアンチエイジングの目的で使うと良いでしょう。
甘い香りが好きという方にもおすすめです。

ホホバオイル

1010_4

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどを含み、スキンケアオイルとしては万能です。
皮脂成分である「ロウ」を多く含み、お肌を保護する役割があります。
香りもしつこくなくて肌になじみが良いのでサラッと使うことができます。
保湿はしたいけれどベタつく感じが好きではない方におすすめです。

アルガンオイル

1010_5_

ビタミンEを特に豊富に含むので、シワやシミなどエイジングケアに高い効果が期待できます。
オレイン酸を多く含み、テクスチャーは重ためです。
浸透性が高いので、洗顔後すぐに使ってから、その後に普段のスキンケアを行うと効果が得られやすいです。
ヘアケアにも人気のオイルです。

マカダミアナッツオイル

1010_6

オリーブオイルと同様にオレイン酸を多く含んでいます。
植物性オイルの中で最も多くのバルミトレイン酸を含み、細胞の再生を促す作用があります。
肌への浸透性も高いのでアンチエイジングに効果が高いと言われています。

スクワランオイル

1010_7

保湿、代謝の活性化、殺菌作用など様々な効果があります。
スクワランは人の皮脂にも分泌される成分で、20代後半以降は生成量が減少します。
アレルギーにもなりにくいので、どんな肌質の人でも使いやすいオイルです。

美容オイルを選ぶ際は、なりたい肌や好みの使い心地で選ぶのがポイントです。
まずは気になるオイルを触ってみて、自分に合うものを探すことから始めてみてくださいね!


imaged by amazon

[ スキンケア ] 記事一覧

総合 - アクセスランキング